LifeSave53は、現在のがん標準医療で治療が困難と宣告された末期のがん患者様のために、
如月総健クリニックの初代院長である白川太郎医師と、株式会社ユーアイナの共同研究によって
開発されたイオン化ヨウ素水(Stable iodine solution)です。

命を救うLS53(LifeSave53)とは

LSとは Life Save を意味し、53はヨウ素の原子番号を意味しています。
当院では、ヨウ素を安全にがん患者様に投与するため、薬事法や医師法を遵守し、医師自らが院内で独自の処方で調剤しています。
LifeSave53は、限外濾過した「一価の陰イオンヨウ化物」のpHを弱アルカリに調整し、且つ、窒素置換して安定な水溶液にすることでヨウ素が持つ毒性を抑え、さらに8,400ppm~10800ppmのヨウ素濃度を正確にコントロールすることで体内に取り込んだり、経口摂取できるようにしたものです。
(ヨウ素として、84㎎/10ml)

ヨウ素とは・・
ヨウ素は生命体にとって非常に重要であるといえます。
海にいるとき、えらから魚はヨウ素をとれましたが、陸にあがった動物は、海からヨウ素を取れないので、えらに相当する部分に甲状腺を作ってヨウ素をためこむようになりました。ヨウ素は甲状腺ホルモンの材料で、甲状腺ホルモンはすべてのホルモンを動かす基本的ホルモンです。

ヨウ素は、正常細胞よりもがん細胞内に積極的に取り込まれる性質を持っています

そして正常細胞に比べてがん細胞に数倍多く含まれる膜脂質のアラキドン酸と結合し、ヨウ化ラクトンという物質を形成します。
このヨウ化ラクトンは核内転写因子と呼ばれるPPARγ(ペルオキシソーム増殖因子活性化受容体ガンマ)と結合します。

PPARγはP53(がん細胞の増殖などを強く抑制する因子)の発現を誘導し、がん細胞に細胞分裂の停止、細胞の正常化、アポトーシス(自殺死)を起こし、がん細胞を消滅させます。

また、PPARγの活性化は、がん細胞の転移に大きく関与する上皮間葉転換(Epithelial Mesenchymal Transition: EMT)を阻害することが報告されており、実際にLS53を投与した末期のがん患者さんは、投与開始2週間以内で上皮間葉転換したがん細胞がすべて血中から消失しています。

LS53は、自己免疫力を高め血流改善の効果があり、がん治療をはじめ様々な効果効能が期待されています。※1
副作用もなく、転移を防ぐことが出来る非常に優れた治療薬であると言えます。
改良を重ね現在の濃度で赤血球、白血球も壊すことなく、劇的に効果をあげることが出来ております。

白川式統合治療

末期のがん患者さんに対する白川式統合治療は、このLS53を中心にヨモギ・クマイ笹エキス、麹、食事療法、温熱療法を組み合わせたもので、少なくとも現在までこの治療法を受けたがんの患者さんの多くが改善の方向に向かっています。

LS 53

がん予防 ■LS53 Iight(4,200ppm)

がん予防・治療 ■LS53(8,400ppm)
標準濃度

標準がん治療 ■LS53 strong (10,080ppm)
LS53の濃度20%アップ

標準がん治療 ■LS53 I2(アイツー)
LS53と別の製法で作っており細胞に取り込まれやすい。

期待されるLS53の力

がん予防・血流改善・免疫力向上・循環器機能改善

飲用の方法について

朝・昼・晩 約30cc(個人差があります。医師の処方により変わります。)
(水、ジュースで薄めても大丈夫です)

LS53 価格

LS53 500ml 1本
44,000円(税込)

がんは近年、新たに診断された患者が90万人に迫り、生涯二人に一人がかかる病気となっています。
当院では、がんになってから治療を開始するのではなく、がんの予防にも力を入れています。

※1 実際にがん治療の現場で使用するLS53を日常的にも飲用していただれば、がん予防、抗がん作用、抗炎症作用、血流改善、免疫力向上、循環器機能改善が期待されます。しかし、LS53の主成分であるヨウ素は、がん治療、およびがん予防には効果があるものの、過剰に摂ると、甲状腺ホルモンが作られなくなり甲状腺機能低下症となることがあります。

そこでより飲みやすく、日常的に飲んでもらえるように改善を加えた LS53 Light として皆様のところへお届けします。

LS53(イオン化ヨウ素水)効果について動画↓